岩出こころの診療所

岩出市備前の心療内科・精神科・老年精神科 岩出こころの診療所

〒649-6233 和歌山県岩出市備前42番地 プチ・ツール1‐D
TEL 0736‐67‐8222 
▲Mobile Site
トップページ»  診療案内

診療案内

うつ病

軽症のうつ病の人は最近増加しており、抑うつ気分と興味または喜びの喪失が中心的な症状です。生活の上では、五月病でみられるような症状のほか、「仕事や家事などが以前のようにテキパキこなせない」、「考えがまとまらない」などの症状がみられます。
また、軽症のうつ病の場合、他にはっきりした症状がなく、朝早く目が覚めてしまったりする、睡眠障害だけが目立った症状としてあらわれることもあります。
特に、目が覚めたとき、ひどく憂鬱な気分になったり、疲れやすく、休息をとってもなかなか回復しなかったりするような場合は、うつ病が原因で睡眠障害になっている可能性があります。

 

神経症

神経症は心因性の精神障害の一つで、疾患等の原因がなく心身異常が起きる病気のことです。多くは周囲の環境に対応できず、不安感から精神バランスが崩れることにより起きます。
症状により、いくつかの種類があります。最近では不安障害として強迫性障害、全般性不安障害、パニック障害、外傷後ストレス障害(PTSD)、適応障害などに分けることもあります。

【1】強迫神経症
「家の鍵をかけたか?」「コンロの火を止めたか?」などささいな考えが頭から離れない症状です。

【2】不安神経症
過剰な不安感により、動悸や息苦しさ、手足のしびれなどの症状が見られる。

【3】恐怖症
高所恐怖症、先端恐怖症、閉所恐怖症、対人恐怖症など、通常他の人があまり気にしないものを異常に怖がる症状です。

 

過食症

過食症は、ヤケ食いと絶食を繰り返す原因不明の摂食障害です。患者の多くは思春期の女性です。
症状は過食なのですが、根底にあるのは痩せ願望です。そのため、体重を減らそうと、下剤を使用したり、吐いたりします。
治療には、精神療法や抗うつ剤を用います。

 

市民のためのお酒とアルコール依存症を理解するためのガイドライン」について


○市民のためのお酒とアルコール依存症を理解するためのガイドライ
http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000646195.pdf


○カードゲーム型依存症治療ツール 「ARASHI(アラーシー)」

アラーシー; Addiction Relapse prevention by Amusement-like Skill-up tool for Help-seeking Innovation)のカードと取扱説明書の無料ダウンロード
http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000721618.pdf
http://www.pref.mie.lg.jp/common/content/000721619.pdf


なお、本ツールをグループ療法(集団治療)として使用する場合のグループ療法マニュアルもございますので、
所属機関名、責任者のお名前、住所、電話番号、メールアドレスを記載していただき、
arashi.group.therapy@gmail.comまで、「グループ療法マニュアル希望」とタイトルに入れて、メールにてお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。